【プラズマローゲンの認知症防止効果とおすすめサプリ】

プラズマローゲンとは?

 

おすすめのプラズマローゲンサプリはコチラ

 

リン酸脂質の一種で、もともと人間の体内に存在する物質です。

 

アルツハイマー型認知症の患者ではこの物質の量が減少する事が知られていました。

 

九州大学の藤野武彦名誉教授率いる研究チームは、この物質と認知症の関係を追求してきました。

 

これまでに次のような成果を上げています。

 

  1. 認知症で減少するプラズマローゲンの種類を特定
  2. プラズマローゲンの大量抽出に成功
  3. 患者への投与実験で症状改善を確認

 

この物質は予防にも効きますが、すでに進行してしまった認知症にも効果がある点がすごいです。

 

認知症の進行度合いを測定する客観的なものさしとして、MMSE(認知症診断テスト)というものがあります。

 

3か月の服用後に53人の試験参加者の60%にこのテストのスコアの大幅な改善が見られたのです。

 

ホタテガイを原料に、プラズマローゲンの大量生産という課題もクリアされています。

 

おおぜいの人がこの物質で認知症を予防・改善していける時代がやってきました。

 

藤野教授は、プラズマローゲンを薬品ではなく、サプリとして提供していきたい考えです。

 

薬品としての認可を取るためには10年の年月と200億円の費用が必要といわれます。

 

そんなことをしていたら間に合わないからです。

 

とはいえ、しっかりしたエビデンス(実験に基づく証拠データ)を固めることも怠っていません。

 

先に述べた試験(重症患者へのオープン試験)で手ごたえを得た教授らは、医薬品なみの厳格な検査も開始しました。

 

二重盲検検査と呼ばれる、手間とコストのかかる試験です。

 

その成果が2016年6月にもまとまって発表される予定です。

 

おすすめのプラズマローゲンサプリはコチラ

AMC社の人気プラズマローゲンサプリ

プラズマローゲン商品

 

プラズマローゲンのサプリは、種類がまだ多くありません。

 

藤野武彦・九州大学名誉教授が所長を務めるレオロジー機能食品研究所が技術供与して、2社のサプリメーカーが発売しています。

 

  • アドバンスト・メディカルケア(AMC)社 「プラズマローゲン」
  • B&S社 「プラズマローゲンS]

 

プラズマローゲン研究会によれば、含有量等は同等で、優劣は特にないとのことです。

 

当サイトではアドバンスト・メディカルケア(AMC)社の製品(上掲写真)をおすすめしています。

 

無味無臭のソフトカプセルを1日2粒なので、高齢の方でも非常に飲みやすい形態です。

 

AMC社のプラズマローゲンサプリはコチラ

 

一般社団法人プラズマローゲン研究会の認証

認証マーク

 

一般社団法人プラズマローゲン研究会は、藤野武彦教授が会長を務める研究団体です。

 

この認証があれば根っこは藤野教授であり、品質は確かです。

 

上記の2社の製品にはちゃんとあります。

 

他社のプラズマローゲンサプリについて

これ以外にもプラズマローゲンの商品はいくつかでています。

 

例えば「プラズマローゲンEX」。

 

こちらは原料がホタテガイではなく、従来の鶏肉です。

 

「開発者」という名達義武氏は学者・研究者ではなく、原料として鳥だけが研究されていた時代に取得した共同特許を使用しておられる、ビジネス関係の方です。

 

この方はホタテガイという原料を否定されています。

 

その是非は読者が判断すればいいことですが、この商品は藤野教授関連のプラズマローゲンとは無関係です。

 

藤野教授らは、重症患者へのオープン試験を経て、医薬品並みの厳格な二重盲検検査の結果をまとめつつあります。

 

しかし、その成果と関連があるのは冒頭に紹介した2商品だけで、「プラズマローゲンEX」等は無関係です。